A/BテストにMouseflowを使う

WebサイトのA/Bテストを行う場合に、ページのAバージョンとBバージョンをMouseflow上で区別することができます。これによって、ヒートマップをAとBで別々に見たり、それぞれのレコーディングを識別することが出来るようになります。

例えば、ページに対するAバージョンとBバージョンをMouseflowで識別するには、それぞれのバージョンを計測するときに以下のようにMouseflowのパスが設定されるようにします。

  /home/ver-A    // Aバージョン

  /home/ver-B    // Bバージョン

 こうすることで、ヒートマップでページのAバージョンはパス '/home/ver-A' に、Bバージョンはパス '/home/ver-B' で見ることが出来るようになります。

計測コード例:

<script type="text/javascript">

  var mouseflowPath = "/landingpage/version-a";

 

  // ページのバージョン識別は実際のシステムに合わせる必要があります

  if (pageVersion == "B") mouseflowPath = "/landingpage/version-b";

 

  var _mfq = _mfq || [];

  (function() {

     var mf = document.createElement("script"); mf.type = "text/javascript"; mf.async = true;

     mf.src = "//cdn.mouseflow.com/projects/your-website-id.js";

     document.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(mf);

   })();

</script>

 

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk